会社情報

将来の展望

中期経営計画の全体像

中期経営戦略

M&Aの推進

●M&A・アライアンスによる事業領域の拡大(事業の多角化)

  • 「加工」をキーワードに、素材を問わず加工技術・ノウハウを集め、モノづくり、周辺事業へと積極的に事業領域を拡大し、「加工のプラットフォーム」を創出

●3年間で上限50億円のM&A・アライアンスに係る戦略投資枠の再設定

  • 経営の機動性を高めるため、3年間(2019年8月期~2021年8月期)で上限50億円の戦略投資枠を再設定し、成長を加速
  • 前中計で設定した戦略投資枠をリセットし、同額で再設定

グループ経営基盤の強化

●成長に向けた経営基盤づくり

  • PDCAのマネジメントサイクルを徹底
  • 事業領域・シナジー拡大のため、成長加速人材を確保・育成
  • 人材採用・人材育成・グループ最適の人材配置を推進
  • 製造原価削減を推進
  • 業務の簡素化・標準化を推進
  • グループリスク管理を強化
  • コーポレートガバナンスコードへ対応
  • コンプライアンス経営を強化
  • 成長ステージに応じた統治形態を検討

持続的な成長のための経営課題

●新たなビジネスモデルの確立

  • グループビジョンである「加工の総合商社」を展望し、金属加工だけではなく、金属以外の加工、モノづくり、周辺事業へとM&Aの手法を用いて事業の多角化を図り、製品やサービスの幅を広げてまいります。将来的には企業グループ間の事業シナジーを活用した新たな製品ブランドを生み出してまいります。また、顧客ニーズに対応して主力製品を見直し、特定分野に偏らない事業構造へと構造改革を進め、更なる収益力の強化を図ってまいります。
  • ●旺盛なチャレンジ精神の発揮

    • 持続的な成長を図っていくため、各部門が旺盛なチャレンジ精神をもって課題に挑戦し、新たな企業ステージを目指す。

    ●ステークホルダーに向き合う経営

    • 株主・投資家の皆様、お取引先企業、社員、地域社会等からの信頼と期待に応えていくため、コーポレート・ガバナンスとコンプライアンスの強化、 適時開示の適切な実行等により、透明かつ健全で効率の高い経営を遂行する。
    • フェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、公平な情報開示を行う。